SSL更新

利用している無料証明書は有効期間が90日となっており、その前に更新の手続きが必要となる。

SSLボックス】サーバー証明書更新[kurafuto.homeip.net]のご案内(30日前)なるメールが届き、更新を促される。そのメールの内容(概要)は以下のとおり。

平素は、SSLボックスをご利用いただき誠にありがとうございます。
ネットオウルカスタマーサポートでございます。

お客様のご契約サーバー証明書におきまして、
ご利用期限の終了が迫って参りましたのでご案内いたします。

以下に更新手続き方法についてご案内いたしますので、更新をご希望の場合は
更新のお手続きを行ってくださいますようお願い申し上げます。

なお、解約をご希望の場合はこのまま利用期限の終了をお待ちください。
ご利用期限の終了をもって解約となります。
◆更新手続き方法について
───────────────────────────────────

1) SSLボックスにログインします。

2) ログイン後、更新を行うコモンネームの【更新申込】ボタンをクリックします。

3) 認証方針を選択し、所定の認証作業を行った上で【所有者確認開始】ボタンをクリックします。

4) サーバー証明書発行後、画面上に証明書情報が表示されます。
※SSLボックスの管理ツールからもダウンロードいただけます。

5) 更新手続きは完了です。
必要に応じてサーバー証明書をサーバーへインストールしてください。

その前に、やることがあります。

(1)Web認証をやるためには、httpでかつポートは80番接続しなければならず、ルータの設定を、IPv6で運用しているポートから80番に変更します。

(2)nginx.confファイルを80番ポートで運用するよう書き換えて、nginxを再起動します。

(3)ここからは、前回の手続きと同様である。なお、再取得した証明書は取得した日から起算され、前の証明書の終了期間から起算されるものではないため、あまり早く取得すると、前の期間を無駄にすることになる。

カテゴリー: ssl パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です