printerの設定

やってみたら以外に簡単だった。USB接続したCanon PIXUS IP7100を使えるようになった。

$ lsusb
(USBデバイスとして認識されているか調べる)

Bus 001 Device 003: ID 04a9:109b Canon, Inc.

$ sudo pacman -S cups
$ sudo systemctl start org.cups.cupsd.service
$ sudo systemctl enable org.cups.cupsd.service
$ sudo pacman -S system-config-printer

タスクバーのメニュのpreferensesからprint settingsを選択すると、

Print Settings

Print Settins

が立ち上がる。lxqtの初期状態だと起動しないことがありますが、その場合はlibgnome-keyringもインストールしてください。

右上の「Unlock」ボタンをクリックしパスワードを入力するとプリンタを追加できるようになるので、開いた画面に従って使用しているプリンターのドライバーをインストールする。

テスト印刷画面に切り替わるので、ボタンを押してテスト印刷を終了すると、追加したプリンタが表示される。

もし、使用しているプリンターのドライバーが見当たらない場合には、
$ sudo pacman -S gutenprint を実行してみると良いかもしれない。

カテゴリー: ArchLinux, プリンタ設定 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です