archlinuxをデスクトップ仕様に

前回までに基本的なインストールを行ったが、今回はこれに続いてデスクトップ仕様に仕立て上げる。

環境に依存するので、自己責任でお願いします。

使用したのはLIVA X2です。これにarchlinuxの基本部分をインストールした後、

1.ディスプレイサーバのインストール

$ sudo pacman -S xorg-server xorg-server-utils xorg-xinit

2.ディスプレイドライバのインストール

$ sudo pacman -S xf86-video-intel

3.ディスプレイマネージャのインストール

$ sudo pacman -S sddm

(これは必須ではない。これをインストールしない場合にはデスクトップ環境をコマンドラインから入力すればよい。そのほうが消費メモリも少なくて済む。しかし、インストールされていればちょっとかっこいい。)

4.デスクトップ環境のインストール

GNOME、KDE、LXD、XFCE4が有名だが、先進的なものを使ってみたい。それにUNITY、GNOME3のようにアプリを検索するやり方がどうも性に合わない。)

選んだのは、LXQTというもの。

LXQt は LXDE (Lightweight Desktop Environment) を Qt に移植したバージョンです。LXDE-Qt と Razor-qt プロジェクトが合併して作られました。軽量で柔軟性があり、極めて高速で、ユーザーフレンドリなデスクトップ環境です。「ARCHWIKIより」

$ sudo pacman -S lxqt

$ sudo pacman -S oxygem-icons

5.テスト

$ sudo systemctl start sddm

左上にインストールしたデスクトップLXQTが表示されているのが確認されたら、パスワードを入力してログインします。無事、起動して何かアプリケーションを実行します。正常に稼働しているようでしたら成功。

$ sudo systemctl enable ssdm

$ sudo shutdown -r now

再ログインのページにたどり着いたと思います。あとは自由にカスタマイズ。と言いたいのですが、課題が残っています。それは(1)HDMIへのサウンド出力がされない問題を解消する、(2)日本語入力環境を整備するの2点だけは、デスクトップ環境として必須です。これは次回に。

カテゴリー: lxqt, SDDM, デスクトップ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です